31年目のRealize

プログラミング、イラスト、家族の事を書いたりするブログにする予定

「理解する」って何!

二歩下がる

仮想サーバの構築+Djangoの導入を進めているうちに問題が発生。

手順通りに進まない…。

書いてあることは理解しているつもりだけど、上手くいかない。

仕事でも似たような状況になることは多々あったのですが、その時は「そういうものだ」と思い込み、深く考えないようにしていました。

しかし最近になってようやく自覚しました。

今まで、理解したと思っていたが、理解した”つもり”になっていただけだったということです。

どういう状況かと言うと…

資料を読み込み、ポイントになりそうな部分をピックアップし、まとめる。そこまでは良いのですが、その後、他者へ説明しようとすると…できない。言葉が詰まる。質問に回答出来ない。

他者に説明できるくらいに理解しなきゃ…とは思いますが、でも今のやり方ではダメだよなぁ…と悩んでいた所

…そもそも、理解するってどういう状態?

と考えるようになりました。
そこで見つけたのが、この本です!

畑村式「わかる」技術 (講談社現代新書)

畑村式「わかる」技術 (講談社現代新書)

ズバリなタイトルで目に留まりました。

この本について

工学者で東京大学名誉教授の、畑村洋太郎さん著作。「失敗学」という学問の提唱者で有名な方の本でした。

2005年に出版された本ですが、これは自分の悩みにマッチしているし、有名な方の本だし、信頼できそうだ!という単純思考で即買い。

学べたこと

ひとまず1週間弱で一通り読み、分かった事をここに記します。

「わかる」とはどういうことか?

人が「わかった」と感じる時、以下の3パターンの事が脳内で判断されているのです。

  1. 「要素」の一致
  2. 「構造」の一致
  3. 「新たなテンプレートの構築」

前提として

世の中の全ての事象は「要素」が組み合わさり「構造」化され、さらに「構造」が組み合わさることで成り立っています。

それらの「要素」や「構造」について、人は今までの経験の中で知識として蓄え、「テンプレート(雛形)」化して脳内に保管しています。

「要素・構造」の一致

上記1,2については、ある事象に対して、自分が持っている「要素」または「構造」のテンプレートとのマッチングを試み、一致させることで「わかった」と感じます。

「新たなテンプレートの構築」

自分が経験したことのない、新たな事象が発生した場合、自分が持っているテンプレートを組み合わせ、より近いものとマッチングさせることで「わかった」と感じ、それを新たなテンプレートとして保管します。

テンプレートに関し、面白い話がありました。
脳科学の分野で研究されている現象として、「脳神経の髄鞘化(ずいしょうか)」というものがあります。

これは脳神経の周りに鞘ができる現象で、これにより神経の情報伝達速度が一桁から二桁早くなるとのこと。

そこで、新たなテンプレートを作るということは、この「髄鞘化」そのものではないか、と著者の畑村さんは考えていました。

そう考えると、「理解したつもり」では新たなテンプレートも作られず、髄鞘化も起きないので、他者へ説明するときに言葉が出てこないのかも?というのも一理あるのではと思います。

つまり、理解をしていくためには

資料を読んだり、経験をする中で、それにはどんな「要素」が含まれ、「構造」化されているかを意識することで、テンプレートを増やしていくこと。

また、新たなテンプレートを構築する時には「仮説立証」のプロセスを踏む事が有効らしいので、まずは先に答えを知るのではなく、自分で考え、予想してみた上で実際に動かし答え合わせすること。

その他にも

「直観」と「直感」の違いや、暗記の良し悪し、定量化訓練などが述べられていたり、「あー自分はこういうタイプだなー、だから理解力が足りないのか…」と思える具体事例があったりして面白いので、興味がある方は是非読んでみてください。

また、今回の紹介ではごちゃごちゃしそうだったので「要素」「構造」って具体的にどういうことを指す?といったことは書きませんでしたが、その例も豊富にありますので…。

まだまだ一度読んだだけでは理解しきれないので、この本をバイブルとして、実生活に当てはめながら理解を深めていきたいと思っています。

ブログタイトル

ブログを始めるきっかけも、この投稿のきっかけも、自分自身のことを知ることができたからでした。(目標が無いから興味も持てない、理解したつもりになり説明ができない)

それにちなんで、ブログのタイトルは

[31年目のRealize]

にしました。

realizeの意味

〔頭で思考・理解して〕~に気付く、~を悟る、自覚する、実感する

また

〔夢・望ましい状況などを〕実現する

31年目の人生で新たに気づき・自覚したことを期に、目標を実現させたい、という意味を込めてみました。いい感じの単語ですね。馴染む馴染む。

以上!